三河教育研究会

学習指導案検索
ホーム 学習指導案検索

学習指導案検索

三河教育研究会では、日々の授業の参考となる資料を提供しようと、
研修会や研究大会等で、発表された指導案を公開しています。
 なお、指導案をダウンロードすることは可能ですが、他への転載を禁止します。

絞込検索

学年
教科
フリーワード検索

単元名
Let’s tell James about Japanese cultures.

Who learned what by losing?

合唱コンクールに向けての目標を立てよう

職場体験に向けて学級のスローガンを考えよう

うれしい!楽しい!大好き!~みんなが楽しい学校に Dream Come True~

「守り伝えよう 藤川の歴史」 ~むらさき麦プロジェクトを立ち上げよう~

~6年生総合的な学習「どうなる?赤い電車」の実践を通して~

~3年生「豆まめ大作戦!ぼくたちの大豆くんの大変身」の実践を通して~

ロードロマン~鎌倉街道から時代をひもとこう~

授業づくりを基盤とした生徒指導

「生徒憲章」を中心とした生徒指導

平成23・24年度 事例集 自ら命を「守り・支える」安全教育をめざして

あなたは差別をしたのか -沖縄差別-(公民的分野 私たちと現代社会)

沖縄に米軍基地があった方がよいと考えた子どもは、「差別はやめて」と記された新聞記事を見ることで、自分たちの考えが差別になるのかと考え始める。その中で、政府の対応によって沖縄県民と対立するような構図になっていることを避難的に考えていく。そこで、大きな問題となったことをよいことであるとする子どもとかかわることで自らの考えを問い直す。そして、現在の状況が問題解決につながると考えて議論をしようと動き出す。

米軍基地問題を考える (歴史的分野 現代の日本と世界)

基地移設問題に対する講義の座り込み活動をとおして、沖縄戦に関心をもち追求していく。沖縄戦の事実を整理する中で、鉄血勤皇隊として少年兵の証言にふれることで戦争に対する問題意識を高めていく。鉄血勤皇隊経験から沖縄米軍基地問題に取り組む太田昌秀氏にかかわることで、平和な社会をどう維持していくのかと自らのかかわり方を問い直していく。

月給一万円の常識を覆せ (公民的分野 私たちと経済)

障がい者が得る月給に対して問題意識をもち、改善に向けて追及をする。福祉の考えから、作業所で働く人の工賃が月給とは異なることに気づき、批判的に考察していく。その中で、多くの障が者を雇用する企業の取り組みに出会うことで、これまでの障がい者の労働のあり方と自らの障がい者に対する考え方を問い直していく。そして、障がい者と自分自身の労働のよりよいあり方を追求しようとする。

Match Your Life(My Favorites①)

日本の抹茶のよっさを伝えるため、外国の人の視点を大切にして英語での紹介を作成する子どもは、抹茶の紹介をとおして、日本の文化を世界の人に伝えることのおもしろさに気づく。

Nori Mission to the World(This Is My Life)

海苔を知らない外国の人に、そのよさを伝えたいと考える子どもは、海苔のヘルシーさや日本食との関わり、アレンジしやすさを紹介する。子どもは、食文化の違いがあっても、日本のもののよさを理解してもらえることに気づく。

「究極バトル」 スペースを狙え・アルティメット(ユニバーサルスポーツⅢ)

ディスクを使用したゴール型のアルティメットを行う。ディスクはキャッチしやすく、操作がしやすい。コートが広くスペースを生み出しやすいことから、スロワー、キャッチ、おとりが連携した動きをとおして作戦の追求をしていく。

「ギャップアタック」 空いてる門を攻めろ (ボールゲームⅣ・ハンドボール)

ソフトハンドボールを使い、ハンドボールを行う。5人の少人数で行うことで、一人一人が責任をもって取り組むことをとおして、相手を崩す攻撃シフトや、カットインされない守備シフトなどを仲間とともに追求し勝利を目指す。

きれいな水を支える生き物 (自然と人間と科学Ⅲ)

魚が何もしなくても生き続けられる環境を目ざし追求をする。人間にとってきれいな水と、魚にとってきれいな水との違いから、微生物のはたらきに気づき、自然の巧みさを実感する。更に、微生物燃料電池に出会い科学の発展を考え始める。